QOL

相続の事件 ケース3 死と向き合う QOL

相続の事件 ケース3 死と向き合う

Aさんは主婦です。 2児の母で、パートで頑張るお母さんです。 朝子供を送り出す、その瞬間世界が回転しました。 音がぐあんぐあん反響するように聞こえ、 子供が泣きながら体をゆすっています。 (救急車を) 何度もそう伝えようとするのですが、言葉が口から出ていないようです。 Aさんの意識はそのまま途切れま…
契約できません ケース3 QOL

契約できません ケース3

「この土地、いくらになるかしら?」 とは、高齢の女性のお客様。 拝見するに、道路に面した農地です。 地目は田んぼ。 中途半端に広いので 「売るのに苦戦するかな?」 と考え名義を見ると、明らかに、相談に来られた方と別の名前。 それも名字すら違う。 次に本来の持ち主の所有した経緯は「相続」になっています…
無料ご招待 相続の事件ケース2 QOL

無料ご招待 相続の事件ケース2

Aさんは、ご主人に先立たれ一人暮らしです。 子供は二人いますが、それぞれ独立して遠方で生活しています。 亡くなったご主人は、サラリーマンでしたが、ある程度出世し、 株券などを中心にある程度の資産を残してくれました。 資産の中心は、証券や株式なので証券会社の営業が、 Aさんの家に出入りするようになりま…
終活とは QOL

終活とは

終活とは、 「死ぬ前に身辺の整理をしておこう」 という気持ちです。 日本は、言葉を間違って使い、 その言葉が瞬く間に広がってしまうという特異性を持ちます。 今ネットの世界で終活を検索すると 「葬儀場」のサイトにヒットすることが多いようですが、 葬儀というのは残された家族が取り仕切るもので、 これから…
祭祀承継 QOL

祭祀承継

お墓や仏壇仏具、神棚など信仰の対象となるものは、 「祭祀財産」と呼ばれます。 祭祀財産は相続財産ではありません。 ここで重要なのは、祭祀財産が相続財産ではないというところです。 「お墓を買う」 「仏壇を買う」 というのは相続税の控除の対象になりません。 祭祀財産を受け継ぐ人は祭祀承継者と呼ばれますが…
相続税対策 QOL

相続税対策

相続税対策というと、 脱税指南のようにとらえられる傾向にありますが、 本来相続税対策とは、 「支払わなければならない相続税納付のための現金の確保」 のことを指します。 一般的に相続される財産は、 「分けられる財産」と 「分けられない財産に」分類できます。 分けられるものの代表が「現金」です。 分けら…
終活とは QOL

終活とは

少子高齢化が生み出したものの一つに、 「経済規模の縮小」が挙げられます。 これにより、特に不動産価格の上昇がほとんど見られなくなり、 不動産は「負動産」になりつつあります。 これまでの経済状況では、 「相続」=「財産がもらえる」 だったものが、 「相続」=「無理難題を押し付けられる」 という様に変わ…
「家族信託」あるいは「民事信託」 QOL

「家族信託」あるいは「民事信託」

2007年9月30日信託法が改正されました。 信託とは「資産の管理・処分を任せる仕組みの一つ」であり、 「商事信託」および「投資信託」という業として営利目的として行うものと、 非営利で行う「家族信託」もしくは「民事信託」と呼ばれる信託行為の法的範囲を 拡大し明確化することになりました。 ただし、「家…
相続対策 QOL

相続対策

相続対策というのは、相続税の対策とは違います。 相続が発生する時に起きうるトラブルに対して、 事前に対策するのが相続対策です。 相続対策に含まれるのは、 「遺言書」 「エンディングノート」 「もしもノート」 「ファイナンシャルプランニング」 「事業承継」 「信託」 「後見制度」 これらは別々に語られ…
相続不動産の問題 QOL

相続不動産の問題

終活の場面では、不動産は最大の問題を含むものになります。 売るに売れない不動産 配偶者居住権 配偶者居住権という新しい法的概念が作られました。 これは、相続の際、妻は自宅、 子は地元にいないので現金という相続パターンが多く、 結果的に 「家はあれども生活費がない」ということになり、 妻は家を売却して…
テキストのコピーはできません。