相続税対策



相続税対策というと、

脱税指南のようにとらえられる傾向にありますが、

本来相続税対策とは、

「支払わなければならない相続税納付のための現金の確保」

のことを指します。

一般的に相続される財産は、

「分けられる財産」と

「分けられない財産に」分類できます。

分けられるものの代表が「現金」です。

分けられないものの代表が「不動産」です。

遺産分割のトラブルは、ほとんど分けられない財産で起こります。

分けられる財産での相続はとても楽です。

しかし、国も現金を欲しがります。

税金の納付は原則「現金納付」です。

つまり実際の相続の場面では、現金はいくらあっても足りません。

本来なら現金を適切に保管できるのが、

もっとも望ましいのですが、

現金はあまりに便利なのですぐに使ってしまいます。

こういう事態に対処する最適な方法は「保険」です。

有価証券もいいのですが、

暴騰したり暴落したりで、

計画的な処分や対策が難しいのです。

特に株券は、評価がとんでもなく高価になることがあり、

税額が異常に高くなることがあります。

その点保険は、

時期が来るまで現金化できなかったり、

死亡時に現金化されたり、

低金利の時代において最も相続対策が立てやすいものなのです。



是非フォローしてください

最新の情報をお伝えします

テキストのコピーはできません。