終活とは、人生のゴールに向けての準備です。

一般的にインターネットのサイトでは、

終活=葬儀というイメージのようですが、

終活を真剣に考えると、葬儀の時点では手遅れで、

30代ないしは結婚した時点より準備するのが理想的です。

終活を始めるのに若ければ若いほど、

自分の死を客観的に見ることができるし、

買わない方がいい不動産であるとか、

始めた方がいい保険の計画が立てやすくなります。

実際に相続の現場では、

「終活を妨げる売るに売れない不動産」

「人生の土壇場で足りない老後資金」

の二つが、老後及び終活を妨げるほとんどの原因となっています。

また、終活の範囲は多岐にわたるため、広範囲の知識を必要とします。

そう、ソムリエのように…

ソムリエのお仕事は、

専門知識をもって お客様にワインを提供する。、

その言葉をのまま、人生の終末における、

相談者の事情に合わせて、不動産の処分相続の資金対策、

相続対策、信託・遺言書、墓じまい、生前・遺品整理、

祭祀承継、事業承継、もしもノートの活用などを組み合わせて、

トータルでアドバイスする終活コンサルタントと皆様をおつなぎするサイトです。

終活はオーダーメイドですので、相談者それぞれ事情があり、

その事情に合わせたアドバイスが必要です。

終活には「手遅れ」ということがあります。

時間とともに選択肢が減っていき、手に負えない状態になっていきます。

早め早めの手当てが大切だと、心得てください。

テキストのコピーはできません。